ブログ

ドラム

トナーを用紙に印刷するためのパーツです。基本的に消耗品であり、印刷5万枚〜にて交換時期を迎えます。ドラムは非常に高額なパーツですが、基本的に保守契約に入っていれば、交換時期を迎えたドラムは無償にてメーカー・もしくは保守会社に交換を依頼することができます。ドラムはメーカーによっては感光体と呼ばれることもあります。

2014年05月16日│た行
新品vs中古
カテゴリー
新着記事
月間アーカイブ