ブログ

【内訳】複合機(コピー機)を導入する際にかかるコスト

お問い合わせしてみて
想像以上に費用が掛かることありますよね

事前にどういう料金が発生するのか理解しておくと
予算内の買い物ができそうですね

ということで今回は、
複合機(コピー機)導入の際にかかる費用
まとめてみましたので

ご購入の際の参考にされてください

では解説していく~~♪



①本体購入費用

複合機、コピー機本体を購入する費用がかかります。

月々の機器利用料の支払いがなく、リース料率などが発生しないので、総額では安くなりやすいです。

※複合機(コピー機)の本体代金に追加でレンタル代金が掛かることもありますので販売元に確認してみましょう


キャッシュフローに余裕がある場合は一括購入を検討しても良いでしょう。



②運搬・設置費用



オフィスに複合機(コピー機)を運び入れて設置する費用です。

別途追加で費用が発生する場合もあります。

例としてをご覧ください!



③初期設定費用



印刷設定やネットワークの構築、FAXの送受信設定など、初期設定費用がかかります。

設定内容によって費用が大きく左右される部分なので、
見積もりは細かく項目別に出してもらうことをおすすめします。



場合によっては発生する費用◆


④階段作業費



設置する建物にエレベーターが無く、階段作業が発生する場合

複合機(コピー機)は約100㎏程度ある精密機械なので
移動の際は慎重に取り扱わないといけません。

その為、専門スタッフによる運搬作業が必要となりますので
購入元に確認しましょう。




⑤ 既存機器の処分



既にご使用されてる複合機(コピー機)があり、
お入替の場合、既存の機器を処分する必要があります。

購入元へ複合機(コピー機)引き取り作業を依頼した場合処分費が発生します。

※既存機器がリース品の場合リース提供元に相談してください。



いかがでしたでしょうか?

複合機(コピー機)を購入する際には
本体代金以外も費用が発生します!

しっかり予算内に収められたい場合は
”その他の費用”も考慮しておきましょう!


オフィスエコでは



お客様のご予算に合わせた
複合機(コピー機)選びのサポートをしております!

是非、一度ご相談してみてください!

ではまたの投稿で👋

 

【各店舗セール情報】
👇

関東地方はこちら(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬など)
【東京店】
◆https://www.office-eco.jp/campaign/kanto_hp.html◆


関西地方はこちら
(大阪・京都・奈良・和歌山・滋賀・兵庫など)
【大阪店】
◆https://www.office-eco.jp/campaign/osaka_hp.html◆


九州地方はこちら
(福岡・大分・佐賀・長崎・熊本・宮崎・鹿児島など)
【福岡店】
◆https://www.office-eco.jp/campaign/fukuoka_hp.html◆

 

安心激安中古コピー機・複合機なら『オフィスエコ


①直接買い付けで【業界最安値
②徹底クリーニングで新品同様の【高品質な機種】をご提供
③累計出荷台数
5万台突破!
メーカー認定整備士在籍
⑤常時在庫600台以上!



「中古コピー機ってすぐ壊れたりしないの?」なんてご心配ありませんか?
オフィス・エコの複合機は中古でもカウンター保守をご用意しております。
複合機をご使用いただくうえで、お客様が準備していただくのは
「紙」と「電気代」だけです。

コピー機は安く買って安心して使いましょう!

詳しくは、オフィス・エコまで、お気軽にお問合せください。
 
☎0120-939-338
まで

新品vs中古
カテゴリー
新着記事
月間アーカイブ