ブログ

複合機の印刷物に”黒い線”が入るときの対処法【清掃方法解説付き】

 

複合機を使っていく中で

原稿用紙に”黒い線”が入ることはありませんか?
※もしくはカラー印刷の場合”カラーの線”付着する。

もしそういった現象がみられるのであれば
以下の手順をお試しください!

ということで今回は
「印刷物の黒い線」についての対処方法をご紹介していきたいと思います!

それでは解説していく~~♪



まずは問題を切り分けてみましょう!




まずはどの部分で症状が出るのかを分けて考えてみましょう。



①原稿台清掃


鏡面コピーをした場合に黒い線が出る場合

まずは印刷物を置く原稿台をクリーニングしてみましょう。

掃除するときは、柔らかい布にまたは中性洗剤を含ませて硬く絞ったものと、
乾いた柔らかい布を使いましょう。



②SPF(原稿送り装置)清掃


SPF(原稿送り装置)を使用した場合に”黒い線”が入る場合。

原稿カバーを上げると原稿台ガラス清掃スポンジ
付属していることがあります。※ただしメーカーによる

スポンジを使ってガラス面を清掃しましょう。





③本体内部清掃

パソコンからの印刷や受信FAXの印刷物に黒い線が入る場合。

プリントアウトや受信FAXに線が入る場合は内部部品の可能性があります。

ここからはSHARP複合機(MX-2514FN)を使って手順を解説していきます!

①フロントパネルを開け
廃トナーボックスのロックを外し取り外す。




②フロントパネル裏側にプラスチックの棒があります。
(この2つの棒で清掃していきます)




※それぞれ差込口が別なので注意してください。




③まずは緑の棒で奥まで差し込み引き抜く動作を1~2回程度繰り返します。
これを4つすべてに行いましょう。




④次にグレーの棒も奥まで差し込み引き抜く動作を1~2回程度繰り返します。
※差し込み口がですのでご注意ください





それでも解消されない場合

それでも汚れが解消されないときは、メンテナンスを依頼しましょう

複合機は精密機械なので無理に修理しようとすると
さらにひどい状態になる可能性があるので
その際はメンテナンスを依頼することをお勧めします。

ちなみに
オフィス・エコ
では
メーカー認定整備士が
お客様の複合機に定期的なメンテナンスを実施しており


複合機の安さだけではない

アフターメンテナンス
に力を入れております!



アフターフォローもバッチリのオフィスエコ♪
何かお困りごとがあればご連絡くださいませ!



いかがでしたでしょうか?

”黒い線”が入る場合
上記のクリーニング方法を実施してみましょう。

それでも解消されない場合は
信頼のできる業者メンテナンスを依頼し、
永く複合機を使っていければと思います。

それではまたの投稿で👋

 

【各店舗セール情報】
👇

関東地方はこちら(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬など)
【東京店】
◆https://www.office-eco.jp/campaign/kanto_hp.html◆


関西地方はこちら
(大阪・京都・奈良・和歌山・滋賀・兵庫など)
【大阪店】
◆https://www.office-eco.jp/campaign/osaka_hp.html◆


九州地方はこちら
(福岡・大分・佐賀・長崎・熊本・宮崎・鹿児島など)
【福岡店】
◆https://www.office-eco.jp/campaign/fukuoka_hp.html◆

 

安心激安中古コピー機・複合機なら『オフィスエコ


①直接買い付けで【業界最安値
②徹底クリーニングで新品同様の【高品質な機種】をご提供
③累計出荷台数
5万台突破!
メーカー認定整備士在籍
⑤常時在庫600台以上!



「中古コピー機ってすぐ壊れたりしないの?」なんてご心配ありませんか?
オフィス・エコの複合機は中古でもカウンター保守をご用意しております。
複合機をご使用いただくうえで、お客様が準備していただくのは
「紙」と「電気代」だけです。

コピー機は安く買って安心して使いましょう!

詳しくは、オフィス・エコまで、お気軽にお問合せください。
 
☎0120-939-338
まで

新品vs中古
カテゴリー
新着記事
月間アーカイブ