ブログ

【歴史解説】コピー機が発明される前はどうしてたの?【謄写版(ガリ版)編】


コピー機の登場により
今では当たり前のように印刷できる現代ですが

まだ複合機やコピー機がない時代、書類や図面など
どうやって印刷していたのでしょう?

今回は「コピー機が普及する以前の印刷方法」について解説していきます!

ちなみに現在のコピー機の歴史は
こちらのブログ記事をどうぞ👇



それでは解説していく~♪



謄写版(通称ガリ版



さて、近代ではどういった印刷がされていたのかと言いますと

謄写版(というしゃばん)という印刷方式(通称ガリ版)を活用しておりました。

19世紀後半”発明王”で有名な
トーマス・エジソンが開発した「ミメオグラフ」



1894年(明治27年)に明治の発明家
堀井新治郎が日本に合うように改良したものです。

「謄写版」と名付け特許出願しましたが、書類に不備があったため受理されず

当時横浜の外国人居留置で発行されていた英字紙
「ジャパン・ウィークリー・メイル」に広告を掲載。

日本の情報を海外へ発信する広告は大きな反響がありました。

翌年特許を取得すると、官庁や新聞社、通信社、大学などで採用され
1899年(明治32年)には海外への輸出も始まりました。

その後、ほぼ100年にわたり日本で多く使われました。


【どういった印刷方式だったかというと】



ロウでコーティングされた和紙(ロウ原紙)を
ヤスリ版の上に置き、金属の鉄筆で文字を刻み
点線上の穴をあけていくというもの。

ちなみにその音が「ガリガリ」という音だったため
通称「ガリ版」と呼ばれるようになりました。

そのロウ原紙を絹できた絹枠に貼り付け
その上から油性のインクを付けたローラーで押してつけ
回転させながら下の紙に印刷していました。



いかがでしたでしょうか?

今回はコピー機が普及される以前の
印刷技術「謄写版」について解説していきました!

職人の技が光るガリ版に温かみを感じますね~♪

それではまたの投稿で👋

【各店舗セール情報】
👇

関東地方はこちら(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬など)
【東京店】
◆https://www.office-eco.jp/campaign/kanto_hp.html◆


関西地方はこちら
(大阪・京都・奈良・和歌山・滋賀・兵庫など)
【大阪店】
◆https://www.office-eco.jp/campaign/osaka_hp.html◆


九州地方はこちら
(福岡・大分・佐賀・長崎・熊本・宮崎・鹿児島など)
【福岡店】
◆https://www.office-eco.jp/campaign/fukuoka_hp.html◆

 

安心激安中古コピー機・複合機なら『オフィスエコ


①直接買い付けで【業界最安値
②徹底クリーニングで新品同様の【高品質な機種】をご提供
③累計出荷台数
5万台突破!
メーカー認定整備士在籍
⑤常時在庫600台以上!



「中古コピー機ってすぐ壊れたりしないの?」なんてご心配ありませんか?
オフィス・エコの複合機は中古でもカウンター保守をご用意しております。
複合機をご使用いただくうえで、お客様が準備していただくのは
「紙」と「電気代」だけです。

コピー機は安く買って安心して使いましょう!

詳しくは、オフィス・エコまで、お気軽にお問合せください。
 
☎0120-939-338
まで

新品vs中古
カテゴリー
新着記事
月間アーカイブ