ブログ

【歴史解説】コピー機が発明される前はどうしてたの?~part.2~【コンニャク版編】

さて前回は謄写版(通称ガリ版)に
ついて解説していきましたが

今回はそれからさらに20年以上遡った印刷方法

「蒟蒻版(こんにゃく版)」

について解説していきます!

前回の「謄写版(ガリ版)」の歴史はこちらから
👇



それでは解説していく~~♪



蒟蒻版(こんにゃく版)って何?


蒟蒻版とは、印刷法のひとつで
グリセリンとゼラチンを混ぜて煮て作った”版”

濃いインクで書いた原稿をかぶせ、
原稿を転写させてから、紙を載せ再度転写させる印刷方法です。

条件さえよければ30枚程度複写が可能だったそうです。

この版にゼラチンの代用として”蒟蒻”が使用されたことから

「蒟蒻版」と呼ばれていました。

前回の「謄写版(ガリ版)」が一般的に使われるまでの間は、
「蒟蒻版」による印刷が使われていたようです。

夏目漱石の代表作「坊っちゃん」でも蒟蒻版が描かれています。



蒟蒻版(こんにゃく版)の歴史


この蒟蒻版は世界的には一般にヘクトグラフと呼ばれました。

ヘクトグラフは19世紀後半にロシア、ドイツで考案されたとされています。
このヘクト(hecto)は100を意味するギリシャ語由来の単語で

印刷可能な目安の”100枚”にちなんで付けられました。

日本では明治中期に輸入されましたが
印刷物の長期保存は難しく、ほとんど残っておらず、
1880年代に考案・商用化された
謄写版登場までの軽印刷の主流となりました。



いかがでしたでしょうか?

今回は謄写版より以前の印刷方式
「蒟蒻版」について解説していきました。

以外にも日本のオフセット印刷のルーツが
蒟蒻(こんにゃく)とはビックリしますよね( ゚Д゚)

これから複合機(コピー機)は
どんな進化を遂げていくのでしょうか?

それではまたの投稿で👋

 

【各店舗セール情報】
👇

関東地方はこちら(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬など)
【東京店】
◆https://www.office-eco.jp/campaign/kanto_hp.html◆


関西地方はこちら
(大阪・京都・奈良・和歌山・滋賀・兵庫など)
【大阪店】
◆https://www.office-eco.jp/campaign/osaka_hp.html◆


九州地方はこちら
(福岡・大分・佐賀・長崎・熊本・宮崎・鹿児島など)
【福岡店】
◆https://www.office-eco.jp/campaign/fukuoka_hp.html◆

 

安心激安中古コピー機・複合機なら『オフィスエコ


①直接買い付けで【業界最安値
②徹底クリーニングで新品同様の【高品質な機種】をご提供
③累計出荷台数
5万台突破!
メーカー認定整備士在籍
⑤常時在庫600台以上!



「中古コピー機ってすぐ壊れたりしないの?」なんてご心配ありませんか?
オフィス・エコの複合機は中古でもカウンター保守をご用意しております。
複合機をご使用いただくうえで、お客様が準備していただくのは
「紙」と「電気代」だけです。

コピー機は安く買って安心して使いましょう!

詳しくは、オフィス・エコまで、お気軽にお問合せください。
 
☎0120-939-338
まで

新品vs中古
カテゴリー
新着記事
月間アーカイブ