ブログ

【トラブル回避⁉】複合機(コピー機)をスムーズに搬入設置する方法!

4月に突入し、
新たなスタートをされる方も多いと思います!
年度初めでオフィスの新設なども多くなりますよね♪

そこで今回は、
複合機(コピー機)の搬入設置の具体的な流れ
気を付けるポイントをまとめましたので

導入トラブルにならないためにも
どういう手順で搬入されるのかを把握しておきましょう!

それでは解説していく~~♪



複合機(コピー機)設置までの流れ


複合機(コピー機)の搬入設置の工程は以下の流れです。


1.設置場所の確認



複合機(コピー機)は非常に大きな精密機械です。

その為、事前にサイズ感を確認して
設置場所運び込む経路を確認する必要があります。

複合機のおおよそのサイズは
幅600×奥行620×高さ1200mm
と非常に大きなものです。
(畳1枚の半分程度のサイズだと
思っていただければわかりやすいかと思います)

運び込む際の扉が通過できるのか?
手差し印刷の際に手差しトレイを開くスペースが確保できているか
なども確認しておきましょう。

また、搬入の際に階段作業がある場合
エレベーターの有無階数などによっては
追加料金が発生する場合がありますので注意してください。



2.搬入設置日の調整




搬入設置の際は立ち会う必要があります。

新設法人様などは設置日までにインターネットの回線工事
設定するパソコンの用意が必要なので
後日訪問対応で追加料金が発生しないように日程の調整が必要となります。

3.搬入設置の実施




ようやく搬入設置される際は
設置業者と連携が取れるようにしましょう!

複合機、PC設定やFAX、スキャン機能など
使いたい機能の詳細を細かく確認しておきましょう。

ここまでで搬入設置の工程は完了となります。

 




搬入設置時に抑えておくポイント




以下のポイントを押さえておきましょう。

  • インターネット環境の準備

  • 接続するパソコンの準備

  • 設置場所の確認

  • 配線準備(LANケーブル、FAX線)

  • 階段作業の確認

  • 設置立ち合いが出来る日程の確認

上記のポイントをしっかり抑えて
問題なく導入できるようにしましょう。



いかがでしたでしょうか?
今回は「複合機を搬入した際の気を付けるポイント」
について解説していきました。

まとめる
複合機(コピー機)を導入するときは
しっかり導入環境を整え、時間を調整する必要があるということです。

高価な買い物になりますので
設置トラブルになり追加料金などがかからないよう
スムーズに導入していきたいですね😊

それではまたの投稿で👋

 

【各店舗セール情報】
👇

関東地方はこちら(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬など)
【東京店】
◆https://www.office-eco.jp/campaign/kanto_hp.html◆


関西地方はこちら
(大阪・京都・奈良・和歌山・滋賀・兵庫など)
【大阪店】
◆https://www.office-eco.jp/campaign/osaka_hp.html◆


九州地方はこちら
(福岡・大分・佐賀・長崎・熊本・宮崎・鹿児島など)
【福岡店】
◆https://www.office-eco.jp/campaign/fukuoka_hp.html◆

 

安心激安中古コピー機・複合機なら『オフィスエコ


①直接買い付けで【業界最安値
②徹底クリーニングで新品同様の【高品質な機種】をご提供
③累計出荷台数
5万台突破!
メーカー認定整備士在籍
⑤常時在庫600台以上!



「中古コピー機ってすぐ壊れたりしないの?」なんてご心配ありませんか?
オフィス・エコの複合機は中古でもカウンター保守をご用意しております。
複合機をご使用いただくうえで、お客様が準備していただくのは
「紙」と「電気代」だけです。

コピー機は安く買って安心して使いましょう!

詳しくは、オフィス・エコまで、お気軽にお問合せください。
 
☎0120-939-338
まで

新品vs中古
カテゴリー
新着記事
月間アーカイブ